皆さま こんにちは。
息吹呼吸道の代表の
江田祥子です。

1960年生まれ5●歳です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶。

〈息吹呼吸法との出会い〉

私と息吹呼吸法の出会いはおよそ10年前。

ある晩、飲んで恵比寿界隈を歩いていたら、
恵比寿神社にわら半紙の紙が
ぶら下がっているのを見つけました。

何と書いてあったのか思い出せないのですが、
多分「息吹呼吸法教室」だったのではと
思います。

でも、当時、私が呼吸法に興味を
持っていたとは思えないので
何かに惹かれたんだと思います。

今は消防法などの関係で
神社に⛩紙を下げることはできなくなった
とのことですので、
奇遇というか必然というか
まさに「よく来たね」という感じでした。
「何で来たの?」とも
聞かれました。

市ヶ谷の亀ケ岡神社で行われており
何の気なしに参加したお教室でしたが、
切り火を切ったり
大祓の祝詞を唱えたりして、なんだか
見知らぬ世界に足を踏み込んだ
そんな気持ちになりました。

回を重ねるにつれて呼吸法や神道に基づく、
古代から伝わる古代医療(以下古醫道)に
興味を持ち、学び続けるようになりました。

丁度その頃、日本カウンセラー学院で
「心理カウンセラー」になるべく
心理学の勉強も始めた頃です。

それまでには無かった
「ストレス」という言葉や
ストレスによる病を薬で治療する精神科とは違う「心療内科」という分野が浸透してきた頃です。

ストレスなどによる身体症状を薬で直す方法は
アメリカから来たものであるのにもかかわらず、薬を使わないただただ話を聴く
「心理カウンセリング」もアメリカからきたもので、アメリカでは確立されています。

なのに、日本では、カウンセラーの需要が
少ないし、何やら怪しげな
職業と思われてる。

不思議な気がしました。

それに日本では抗精神薬などの💊
処方が先進国の中では
ダントツでで世界一。

反対に社会保険制度が日本程確率されていない
アメリカではもう、薬に頼らない、
病気にならないようにする分野が
確立されつつありました。

フィットネスジムの流行も
そうですね。

アメリカではジムに行くのに
補助金が出るのだとか。

私自身も、もしかしたら、
薬を使わないで病と向き合う方法が
あるのではと感じ始めていた時に
永川先生の古醫道は「予防医学」であるという考え方が、とっても私の腑に落ちたのです。

平成22年に古醫道、
日本に古くから伝わる古代医療を
楽古舎の永川辰男氏から学び、
息吹療法指導員の資格を取得しました。

こちらがお免状です。

2017年になり、息吹呼吸法を
都内近郊で教える事を任され、
呼吸法教室を開催させていただいております。

古醫道の中で息吹呼吸法は
大変重要な位置を占めています。
何は無くとも「呼吸法」だという方も
いらっしゃいます。

そして現在、仏教の禅で行なっていた瞑想と
呼吸法はアメリカから
「マインドフルネス」という言葉になって
帰ってきました。

息吹呼吸法は息吹呼吸療法と
合わせるとかなりの数があります。
全種類を1回に行うのは不可能ですし、
効果も薄くなります。

主要な呼吸法を抜粋し、
リラクゼーションと瞑想に近いものを取り入れ、トータルで行える「呼吸法ワーク」を完成させました。

終わったあとに、スッキリし、充実感あふれるご自分を体感していただけたら、幸いです。

〈経歴〉


1982年 二松學舍大学文学部国文科卒業
        実は古代文学が専門で卒論は「万葉集」       でした。今思えば、もっと勉強しておけばよかったなと思いますけど。
1982年 イースタン企画入社(広告制作会社)
1988年 株式会社バージョン設立
イラストレーターのエージェントとして業務開始。教科書会社や出版社のお客様から現在もお仕事を頂く。
2005年 認定臨床心理療法士、認定臨床心理カウンセラー資格取得
2006年 カウンセラーのいるバーspeak easy代表  2008年終了
2008年 なごみたいむ代表
2017年 息吹呼吸法指導員

〈趣味〉

🌟50歳で始めたゴルフ
ゴルフはなかなか上達しないけれど、
天気のいい日に外で運動するのは
とても楽しいです。
雨の日は大変ですけれどね。
出かける時のウキウキ感と、
スコアの悪さにガッカリする帰り道との落差も、反省会と称する飲み会で吹き飛ばされます。

実は最近、素敵なコーチと出会いました。
板倉由姫乃コーチです。

なんと、私の息子と同じ歳なんです。
とっても可愛らしくて、生意気感無し、
わかりやすく楽しくゴルフを
教えてくれるんです。
1週間に一度のレッスンがとってもハッピータイムになっています。
独身か、彼氏がいるか
喉元まで質問が出かかっているけど、
ガッカリするのが嫌で聞き出せないでいます。
これから真面目にやって
スコアのアップも目指そうかなと思います。
由姫乃コーチに「このコースはどうでした?」と聞かれたとき、自信をもって答えられるように。ファイト❣️

🌟55歳で始めた社交ダンス
なぜ始めたかというと、
いつか豪華客船で旅をしたいなと思っていて、
それにはダンスは不可欠。
壁の花にはなりたく無い。
見る阿呆なら、踊る阿呆を選びます。
踊るのは好きでジャズダンスなんかも
遠い昔に習ったけど、
あれは普段使いではないですからね。
まだまだ、人前で踊れる段階では無いですが、
頑張っています。

⭐︎えーッと思うかもしれないけどランニング
これも始めたのは53歳頃からでしょうか。
ランニングの会という飲み会に誘われて、
飲んでいるうちに、駅伝にエントリー、
自分のペースで走りたいと、10キロランデビュー。2017年は6回もレースに出ました。
天気がいい、程よく寒い時期に走るのは、とても気持ちいいです。特に多摩川を走ります。
会ったら声をかけてくださいね。

🌟そして誰もそうかも知れませんが、旅行、本当は旅が好きです。それも昔は一人旅が好きでした。最初は19歳の時に行ったニューヨーク。ジョン・レノンが撃たれた年。あの頃は本当に汚くて「ヤバイ」所でした。私はあの退廃的で、でも、目的のある人にはやる気満々でギラギラしている、あの人種の坩堝が大好きになって、何度も足を運びました。どんな小娘でも、会社を尋ねれば最高責任者が会ってくれる。ビジネスチャンスを逃さない、型にとらわれないあの街が好きでした。今はどんどん綺麗になって、ある意味いい所になりましたが、あの時代を目撃出来たことを誇りに思います。逆に苦手なのはツアー旅行なんです。今はもうそんな事はないですが、最初に参加したツアーで、あまりに自由がなくて、どこへも1人で行けず、ご飯の時に、同席の人と毎回話さなくてはならないのに疲れ果て、最終日に発狂しそうになった程です。今は、本当に大丈夫になってほとんどツアーです。重たい荷物の心配をしながらトイレに行く事を考えると、断然ツアーの方が素敵な位です。

🌟猫
ペットショップは必ずのぞきます。
うちのニャンコを紹介します。

みみです。