http://www.ibukikokyu.com/wp-content/uploads/sites/7286/2019/10/header20191001100246_375064989.jpg
どこを重点的にやってもらったかというと?

どこだ?

そう、
もちろんお顔。

将来小太り爺さんみたく(婆さん)
なることが予測される
私のほっぺた。

だって、母方の親類一同
みんなボスザルのように
ほっぺたが垂れ下がってるの。

やっぱりあれは
私的にはキツイのだ。

どの写真みても
この歳になると
予備軍的な兆候がしっかり。

ここばかりは
スポーツジムにでも
どうにかしてくれる
マシーンは無い。

「リファ」という
顔をコロコロする道具は
持っているけど、
役に立っているのか
いないんだか
ようわからんのだ。

なんかやる気がなくなるような
結果がみえてこないというか。

それにひきかえ
ハイパーナイフは
確かにほっぺたのたるみが減ったような
スキッとしたような
そんな感覚が。

そう、感覚なのが空しい処なんだけど。

やる前に顔は採寸なんてしないから。

しても多分1ミリた違わないのよね。

前、妹の早苗ちゃんと
顔を物差しで測りっこしたけど、
意外とあんまり変わらなくて
ちょっと驚きだった。

似てないと思ってても
サイズは同じなんだ。

だから、どんなにナイフで
カットしようとも
他の人が気がつくには
3ミリくらいは小さくならないと
気づいてもらえない。

要は自己満足なわけ。
わかっているけど。

そして、たった一回じゃ、
元の木阿弥。
やらない方が
お金が減らなくて
良かったってくらいなのよ。

というわけで、
ちょっとやり続けてみたい
ハイパーナイフなのでした。

だって流石に
ほっぺたにアプローチする
息吹呼吸法はないですからね。

息吹呼吸法のホームページは
こちらです。

http://www.ibukikokyu.com

ハイパーナイフの威力❣️