http://www.ibukikokyu.com/wp-content/uploads/sites/7286/2019/06/header20190613131731_642848631.jpg
私が息吹呼吸法のお教室を
始めたのが2年前、
その記念すべき初回から
通ってきてくれている山元月乃さん(超有難い❣️です)はレイキのセラピストさんです。

皆さんレイキってご存知ですか?

日本に昔からある医療で、
古医道の中では「手当て」にあたります。

お腹が痛い時「イタタ」と
お腹に手を当てますよね。
そう、まさにあれです。

そんなこと?って思うかも知れませんが、
習得すれば薬箱不要の優れもの。

簡単に言うと、
実際、患部に手の平をあてると「気(レイキ)」が流れて、
身体の温度が上がり自己治癒力を
アップするわけです。

ちょっとした切り傷なんてお茶の子さいさい、
腹痛やたんこぶ、
お子様を持つお母さんは出番が一杯。

現代人は何かあると
お医者さんのところに行って
薬をもらいます。
昔の日本人はそうもいかなかったので、
あれやこれやと工夫して
対処してきたわけです。

ただ手をあてるだけなので
「怪しい」と言われる人もいますが、
本当は理にかなっていて至極当然のことで、
昔の人たちは皆んなやっていたことなんです。

今でこそ「自己治癒力」なんていいますが、
昔の人の積み重ねてきた
智恵って本当にすごいですよね。

そんな忘れられていたレイキを
今に復活させ広めようと、
セラピーとスクールをやっているのが、
山元月乃さんです。

実は私も昔レイキを学び
さらに山元さんからレイキを教わりました。
レイキも呼吸法も人の力です。
自分の持つ力を信じて行うものです。
相通ずるものがありますね。

何が良く成るの?
そう思われる方は、山元さんのホームページを是非❣️みてください。

https://www.reiki-nagomi.com/

【息吹呼吸法の生徒さん山元月乃さん】