http://www.ibukikokyu.com/wp-content/uploads/sites/7286/2019/04/header20190430075814_472151585.jpg
昨日はさなえちゃん(妹)が
やっている和太鼓の発表会でした。

クラブが出来て26年って
いってたな。

最初は親子で初めて
子供が大きくなって
太鼓から離れて
でもゆとりが出て来て
また始まって

親たちは辞めずにやっているから
また親子で叩けて

きっと子供ができたら
一緒にやるんだろうな。

親子三代でやる時がきたら
素敵じゃない。

太鼓の響きは
身体にズンと来るというか
ズッシリきます。

悲しい時は、なんか悲しく
楽しい時は、楽しさを増して
響きます。

小学校の体育館で練習してるけど
これも周りの方たちの
理解がないとできないこと。

単に「うるさい」と感じたら
うるさくなってします。

太鼓は昔から神事には
欠かせないもので、
「神様と交信」できるものとも
言われて来ました。

中野島という地域が
大きな災害に見舞われることなく
平和で心地よいところであるように
そんな気持ちが神様に伝わると
いいですね。

http://www.ibukikokyu.com

和太鼓クラブ「風」