http://www.ibukikokyu.com/wp-content/uploads/sites/7286/2018/03/header20180308100924_168661997.jpg
息吹呼吸法の真髄は
いついかなる時も、
自分に合った呼吸法ができること。

いつも平常心でいたいけど、
人間だから、
イラッとするし、むかつくこともある。
そしてカーッとなる事も。

その、「イラ、ムカ、カー」の感情程
人の身体を蝕むものはないのです。

人は感情、性格で病気になるのです。

医療が進んでいるアメリカでは
とっくにご存知。
だから、アメリカの心理学では
負の感情を打ち消すために
ポジティブシンキング❣️と叫ぶわけです。

私はそれを盲目にいいとは
思いませんが一理あるわけなのです。

ちょっとズレますが、
私が何故盲目にいいと思わないかですが、
人はポジティブシンキングを無理に思い込むと
その感情(気)が抜けた時
逆の状態に陥りやすくなるからです。

いわゆる「ヌケガラ」「虚脱」「●●ロス」。
そして思いが強ければ強いほど
ヌケガラ度は深く強く出て、
その感情と向き合って乗り越える方が
難しいからです。

人は「程々」で「平常心」の状態が
一番なのです。

いかに平常心でいるかが大切な事を
昔の日本人は心理学なんて言葉は無かったけど、
自然とわかっていたからスゴイ。

茶道、華道を武士がやっていたのは
平常心になって、自分の心の内面と
向き合うためだったわけです。

そうでなくては戦国の世にあって
「イラ、ムカ、カー」で戦術を
誤ってしまうから、大切な事だったんですね。

「イラ、ムカ、カー」が襲って来たら
息吹呼吸法の「無想の息」。
土の中の「気」吸い上げる気持ちで
おこないます。

少々の事には動じない
大地のエネルギーをもらう呼吸法です。

覚えておくととっても便利です。

息吹呼吸法のホームページはこちらです。
http://www.ibukikokyu.com

心と身体を整える息吹呼吸法