http://www.ibukikokyu.com/wp-content/uploads/sites/7286/2018/03/header20180305120401_917121064.jpg
私は53才の時に走り始めた
素人ランナーです。

知り合いがランナーズクラブという
ランニングの会を作って、
お誘い頂いたものの、
「走る」なんて考えた事もなかったので
ランニング後の飲み会にだけ
参加するようになりました。

会を重ねるうちに
「ちょっとだけ走ってみよう」と思い始めた。
友達の荒木町の事務所で着替えて
神宮外苑迄の2キロ弱、
私は自転車で行った程。

随分経って皇居を走るようにも
なったけど、最初は5キロのイメージが
湧かなかったから、
皇居までタクシーで?行ったもんね。

だけど、ランナーズクラブなんだからと
駅伝の記事を見つけて皆んなでエントリー。

5キロを4人で走ったのが
私のオフィシャルランデビュー。

ペース配分がよく分からず、
最初の1キロでハアハア言いだして
後は地獄の4キロ。

だけど、水辺だったから、
水面がキラキラ光って素敵だった。
風邪も心地よく気持ち良かった。

とにかくゆっくりペースを落として
途中何度も「歩きたい」と思ったけど
何故か「頑張って〜」とか
応援してくれる人が配置されていて
歩くに歩けず。

とにかくゴール。

長かったけど、たったの31分。

と、言うことで、
いかにハアハア地獄に陥らないで
走るかが私の最大の課題となりました。

ハアハアいうと
苦しいm( ༎ຶ ළ̆ ༎ຶ mが先に立ち
いつまでだろう?
あとどの位なんだろう?
辞めたい、歩きたいとなって
まさに精神的にも負のスパイラルに
陥ってしまう。

だから、いかに、ハアハアしないか。
研究しました。

口から吸う息は、少ししか吸えない。

だから、鼻から吸う。

鼻から吸うとたくさん吸える

そして口で吐く。

正確には
鼻から2回吸って
口でフーッと一回吐く。

時々大きく吸って、
丹田まで息を届かせるように吸う。
そうすると、身体が楽になる。
٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃スゴイ。

これ、まさに、
息吹呼吸法ではないですか。

去年は6回の10キロレースに参加しました。

最初は「誰かが待っててくれないと走れない」と
駅伝ばかりでしたが、
やっぱり、自分のペースで走りたい、
だけど、5キロのためにわざわざ出かけて
お金を払ってレースをするのは
勿体無いと10キロを走るようになりました。

というのは美しく、
友達が一緒に走ろうと
エントリーしちゃってくれて
どうしようかなと考えるうちに
あとレースまで2ヶ月半まで来てしまい
お尻に火がついたのがキッカケです。

10キロ走り終わって
ハアハアしないでゴールする。
これに凝っております。
マラソンの人なんかも、
早い人は、ゴールしても
普通に歩いているじゃない?

あんな感じでゴールしたい。

それには息吹呼吸法で、
頑張る?もん。

4月1日久しぶりの多摩ランにエントリー。

楽しみです。

息吹呼吸法のホームページ
http://www.ibukikokyu.com

ランニングにも呼吸法が大事❣️